晴れのちブルーキャット

八ヶ岳ぐるぐる

尖石縄文考古館(前の記事参照)に続き、
午後は井戸尻考古館を見学しました。
ここにも絶対見たいと思っている土器の展示があります。
それがコチラ。
(残念ながら撮影。館のパンフを撮りました)



IMG_1197-1.jpg
古代神像。約5200年前。


まるで甲冑を付けた地球外生物に見えます。
エジプトの戦士のようでもあるし。
すごく繊細な模様がビッシリ、立体の表現技術がケタはずれに高いのがよくわかります。

これも写真展で魅了された土器で、どうしても反対側が見たくてここにやって来ました。
この写真は裏側で、パンフには表面の掲載がありません。
表は・・・ふちの部分に立体的なリングがあり、そこから斜め下にねじりが加わった立体的な流線が降りていくような模様。
モチロン全面に細かい紋様が施されていました。
これも360度、何度もグルグル回って堪能しました。




で、タイトルがなんでぐるぐるかというと、
縄文時代前期からの土器土偶にみられる渦巻き模様のことです。




IMG_1165-1.jpg
見事なぐるぐる。


IMG_1166-1.jpg


IMG_1180-1.jpg


IMG_1169-1.jpg


IMG_1172-1.jpg


IMG_1170-1.jpg



正直2館目ともなると、集中力・眼力・体力が落ち始めてて
後から考えるとせっかく行ったのに少しもったいなかった・・・。
次回はちゃんと学芸員さんに説明してもらいながら勉強したいと思います。




すぐ影響されちゃうあきぴー。
ぐるぐるをお弁当で表現しました。



IMG_1182-1.jpg
縄文チャーハン弁当。








よろしかったらクリック!お願いします
    ↓
にほんブログ村 猫ブログ シャルトリューへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

考古館のハシゴ!?
すごいなー、知性が溢れ出しそうですねw
縄文時代の土器、
地球外生物みたいだけどかわいいですよね。
どこが目かもよくわからないけど、
目が大きいイメージがあります。
ぐるぐるには意味があったんですね。
ちゃんと勉強したら面白そうって思いました。

ぐるぐる弁当、
もりぴーさんは見てすぐピンときたのかなw

Re: タイトルなし

るうさんへ。
知識がないまま、単に土器土偶の意匠に惹かれての考古館ハシゴです♪
縄文時代のセンスや技術がスゴイなーと思って。
角度によって色んなものに見えたり、新発見が止まらないですよー。
そうそう、今度は学芸員さんについてもらってメモでもとりながら勉強したいです。
実は・・・明日から縄文イベントが始まるのですが、初日の「ナイトミュージアム」に申し込み済み♪
普段は入れない夜の縄文博物館を館長さんの案内で楽しんできます。

ぐるぐる弁当は翌日にすかさず作ったので、もりぴー大喜びでした。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://amoterrasse.blog.fc2.com/tb.php/493-b1c055e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

プロフィール

あきぴー

Author:あきぴー
長野県在住、主婦です。夫の「もりぴー」、シャルトリューのモンブランとの楽しい生活を綴っていきます。
モンブラン
シャルトリュー♀(2013.1.26生まれ)
ツンデレで好奇心旺盛な元気な女の子

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (33)
モンブラン (249)
たべもの (9)
仲間たち (34)
過去モン (12)
母猫への道 (8)
モン&てんま (5)
生活 (19)
モンのお出かけ (90)
記念日 (11)
季節・歳時記 (32)
おとりよせ (5)
庭仕事 (2)
モンはお留守番 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR